plug+ by Rittor Music

自分らしく音楽を始める。

3)ネックの持ち方

左手の使い方の基本として、まずはネックの持ち方から学んでいきましょう。



持ち方について

持ち方について

左手を使ってネックを持つことになりますが、基本として覚えておきたいことは、左手親指は常にネック裏の中央に置くということです。ネック裏の中央に親指を置くことで、スムーズに人差指から小指までの4本の指を動かすことができるはずです。ただ、4弦をミュート(※弦に触れて音が鳴らないようにする)するときなどに、親指をネックの上から出すことがありますが、これはあくまで特別な場合と考えておきましょう。

また、フレットに指を置くことになりますが、できるだけ1フレットに1本の指を心がけましょう。最初は指が開きにくいので難しいのですが、定期的にストレッチを行なうなどして、指がしっかりと開くようにしましょう。

親指の位置

こちらもチェック!
親指の位置

親指はネック裏の中央に置くと書きましたが、例外もあります。それは、前述のとおり親指を出して4弦をミュートするときのほか、1?2弦の高音弦をチョーキングするときなどは、親指を出したほうが弾きやすかったりするのです。あくまで特別な場合となりますが、親指をネックから出すこともあると、覚えておきましょう。

このセミナーはムック『DVD&CDでよくわかる! はじめてのエレキ・ベース』の内容を抜粋したものです。
より幅広い知識を得たい方は、ぜひ本書をごらんください。
spacer