plug+ by Rittor Music

自分らしく音楽を始める。

2)レギュラー・グリップ

レギュラー・グリップは左手の持ち方に特徴があるグリップです。マッチド・グリップの持ち味が“ストレートな勢い”だとしたら、レギュラー・グリップ独特のしなるような動きは、“柔軟なニュアンス”を出せるのが魅力といえるでしょう。将来的にはどちらでも使えるように、ここでその基本を学んでおきましょう。



持ち方について

持ち方画像1~2

【1】スティックの下1/3あたりを、左手の親指と人差指で挟み込みます。

【2】続いて薬指で下から支え、小指はその下に自然に添えます。


持ち方画像3~4

【3】人差指と中指を上から軽く添えれば、レギュラー・グリップの完成です。

【4】右手はマッチド・グリップと同様の持ち方です。

レギュラー・グリップの注意点

持ち方画像

レギュラー・グリップは、手のひらを回転させるような動きがストローク(振り)の基本になります。ですから左下の写真のように腕から手首にかけてまっすぐになるようにしましょう。右下の写真のように手首が外側に曲がってしまうと、正しい回転ができないので注意してください。また、マッチド・グリップと同じように、スティックを強く握りしめる必要はありません。特に大きく振りかぶった時は、中指と人差指がスティックから離れるくらいのイメージで軽く持ってみましょう。

持ち方画像5

【5】自分の目線から見たレギュラー・グリップの完成形。この場合も左右対称のハの字を作ります。

●レギュラー・グリップの左手の振り方
左手の振り方画像
このセミナーはムック『DVD&CDでよくわかる!はじめてのドラム』の内容を抜粋したものです。
より幅広い知識を得たい方は、ぜひ本書をごらんください。
spacer