plug+ by Rittor Music

自分らしく音楽を始める。

ゼロから学ぶ

取材/記事/撮影:尾藤雅哉
動画撮影:熊谷和樹 企画:Mizuki Sikano

ギタリストとボーカリストとも違う、独特の魅力を放つギタボを考察し掘り下げていく新企画『ギタボ考』。音楽シーンの第一線で活躍しているミュージシャンに、ギターを弾きながら歌うためのコツや曲の作り方などについて、さまざまな角度から迫っていきます。

 

記念すべき第1回目に登場するのは、奇妙礼太郎さん。ギターを弾きながら歌うことになったきっかけや、現在愛用しているアコースティック・ギターについて話を聞きました。

◎奇妙礼太郎さんがギターを始めたきっかけは?

もともと「歌を歌うことが好きだった」という奇妙さん。好きだった憂歌団の楽曲を弾き語りするなど、ギターを“弾くこと”と“歌うこと”を一緒に楽しみながら練習していたようです。

◎現在、愛用しているアコースティック・ギターは何?

奇妙さんが現在愛用しているアコースティック・ギターは、山梨のギター工房、FRAYNS GUITARS製のオリジナル・モデル“ADVANCED NYANKO”。ヘッドには、美しいインレイで愛猫が描かれているのもお気に入りのポイントだと語ってくれました。

この記事をシェアする

  • LINE
  • twitter
  • facebook

連載「ギタボ考」記事一覧

注目記事

新着記事

注目記事