plug+ by Rittor Music

自分らしく音楽を始める。

上達のヒント

企画:Kentaro Shinozaki、動画撮影:熊谷和樹、記事/動画編集:plug+

これまで数々のアドバイスをひさ子からもらい、日々練習を続けてきた謎の生命体しりたろう。しかし今日はテンションだだ落ちの様子。思うように弾けないという壁にぶち当たってしまっているようです。ひさ子に最後のアドバイスをもらって、この連載から卒業の時が来たようです。

ギターを挫折しそうになったら…ひさ子に最後のアドバイスをもらった

ひさ子……なかなかギターうまくならないよ。向いてないのかな……。

大丈夫? 誰でもそんなときはあるよ。私もあるし。

ひさ子にもそんなときあるの?

あるよ。難しくてなかなか弾けない曲があったりすると、もう泣きながら練習したりするよ。

どうやって挫折しないようにしているの?

やっぱりライブで弾けるとうれしくて、ライブが終わった後に“ああ、楽しかった!”っていう気持ちが練習のきつさを上回るから続けられるのかな。

そっか、自分も早くそうなりたいな。ちなみに、ギターの上達が早いのってどんな人かな?

やっぱり頭がいい人かな。練習の仕方も自分で工夫するだろうし、曲を覚えるのも早いし、そして間違えないよね。

うまくなるまでにひさ子が苦労したことって何?

握力が女の子は無いから、どうしてもパワーが足りないって言われることがあると思うんだけよね。私も昔それを言われて、エレキギターじゃなくてアコースティック・ギターで練習をしたり、ちょっと筋トレをやってみたりしたよ。

え!? どんな筋トレしていたの?

効果があるか分からないけど、ハンドグリップを暇なときにテレビ見ながらニギニギしてみたりとか。でも、あんまり続かないんだけどね(笑)。あとは握力を鍛えるボールがあるんだけど、それを指先で押してみたり。

なんか握力アップしそうだね!

やっていると手のひらの筋肉が疲れるから、効果あるかもしれないね。あとは両手首のスナップを使ってダンベルとかをクイってやると腕の内側の筋肉が疲れるから、それも良いかもしれない。

しりたろう、頑張るよ!

前向きに行こう。楽しいよ。

この記事をシェアする

  • LINE
  • twitter
  • facebook

連載「田渕ひさ子にギターを教えてもらいたい!」記事一覧

注目記事

新着記事

注目記事